家づくりには想像力と情報収集が大切!

注文住宅を建てるときにまず考えるのが間取りです。ハウスメーカーや工務店の担当さんからの提案やアドバイスはもちろんあると思いますが、まずは自分でどんな家に住みたいのかたっぷり時間をかけて想像してみてください。とにかくできるだけたくさんのオープンハウスや内覧会に行き、「これだ!」と思う間取りを見つけてください。家づくりでは決めなければならないことがたくさんありすぎて途中「なんでもいいや」「これでいいや」となってしまうのはよくあることです。しかしそういった場所はほとんどの場合住んでから後悔します。その上それを完成後に変更することが不可能であったりすごくお金がかかってしまうことがほとんどです。家づくりで最も大切なのは施主の想像力と提案力です。たとえお金を払って1級建築士やデザイナーを雇っても自分自身に住みたい家の明確なイメージがなければ満足できる家はつくれません。とはいっても自分自身の想像力にも限界があります。そこでInstagramやPinterest等のSNSを利用するのもいい方法です。ハッシュタグで「#注文住宅」や「#後悔ポイント」など検索して情報収集をしてみてください。目から鱗の情報がたくさん収集できますよ。